国際教育センター TOPへ

  • 米国夏期研修
  • 豪州・シンガポール研修
研修概要 クレムソン便り

アメリカの生徒と共に学び、異文化理解を深める

海外での学校行事、米国夏季研修では、アメリカ・サウスカロライナ州のクレムソン大学で行われるSummer Scholarsに2週間にわたって参加します。優秀なアメリカの中高生と一緒に大学の寮で共同生活を行いながら、共に「コミュニケーション」「理科」などの科目を大学の教授陣から直接学ぶことができ、生徒にとって生涯忘れることのできない貴重な財産となっています。また、この経験をきっかけに在学中に海外へ留学したり、卒業後の進路として海外の大学を選択する生徒も出てきています。

3つの大きな特徴

1. アメリカ南部の名門大学、クレムソン大学の教授から直接英語で専門科目を学ぶ
単なる英会話や観光を目的とした留学とは違い、英語を使って化学や生物、スピーチなどの専門的な授業を学びます。
2. 全米の優秀な中高生を対象とした夏季講習に特別参加
クレムソン大学のSummer Scholarsは、学校での成績が上位10%以内、かつ、学校から推薦を得るなどの資格をクリアしたアメリカの優秀な中高生を対象にしています。桐朋女子はクレムソン大学が交流提携をしている唯一の海外の中学・高等学校であり、両校の信頼関係のもと、本校の生徒は他では得られないような貴重な経験をさせていただいています。
3. 大学寮ではアメリカ人とルームメイト
2人一部屋を使う大学寮ではアメリカ人の生徒とルームメイトになります。普段の生活を共にすることでコミュニケーションを重ね、生徒たちは言葉を超えた人と人とのつながりを実感します。
CU Summer Scholars >> 詳細(外部リンク)
<実践報告>米国夏季研修報告

事前学習と研修後のまとめ作業

クレムソン大学で夏季研修に参加する前に、事前学習を行います。
例えば、各自でサウスカロライナ州について調べてきたことを英語で発表したり、英語でのコミュニケーション方法を学んだりします。また、アメリカ人のルームメイトと話を始めるきっかけになるように自分の家族や学校、日本などを紹介するような写真などを貼っていくスクラップブックを作ったりします。
研修後には自分のテーマについて調べたことや考えたことをポートフォリオという形の作品にまとめて提出します。このポートフォリオはその後の日本での学校生活においても考察を深めていくことで、将来の進路にも大きな糧となっています。

事前学習

クレムソン大学について

アメリカ南部、サウスカロライナ州にある州立大学です。理科系の学部を中心に5つの学部から成り、全米公立ランキング23位(2017)の名門大学です。

クレムソン大学

クレムソン便り 2019

毎年、研修参加者の保護者の方に対して、研修期間の様子をほぼ毎日「クレムソン便り」というEメール通信をお送りしています。アメリカでの生活の様子をほぼリアルタイムに報告しているもので、研修の様子を理解していただく上でも参考になると思い、今年度のものを掲載します。

アトランタ市内 CNNにて

7月22日(月)

保護者の皆様、日曜日は新宿や成田空港までのお見送り、有難うございました。道中特に大きな問題もなく、昨夜8時半くらいにクレムソン大学に到着しました。1枚目の写真は到着直後の寮のラウンジでの様子です。ピザの夕食をとり、アメリカの国旗をプレゼントしてもらいました。皆元気です。どうぞご安心ください。
今日は月曜日、早速授業が始まっています。今日は「異文化コミュニケーション」の紹介をします。ご担当くださるのは、この研修が始まった2004年からずっとお世話になっているスミス先生と、最近はずっと(ご本人は今年で5年目だとおっしゃっていました)担当してくださっているディクソン先生です。ディクソン先生はクレムソンのディベートチームのコーチで、時には全米代表チームを率いて世界大会に遠征したりする方です。
授業では先生方と受講生が自己紹介をした後、早速アメリカ人受講生と小グループでディスカッションを行い、各自のスピーチについて話をしていました。この授業を通して、来週月曜日のロータリークラブでのスピーチを準備していきますが、自分が話そうと思って用意してきた内容を、実際にアメリカの中高生に聞いてもらって意見をもらうことは、思わぬ視点からの指摘もあって、大変参考になることです。 最初は緊張気味だった生徒も、徐々に自分らしさが出てきています。今後の展開が大いに楽しみです。
イメージイメージ

イメージイメージイメージ

7月23日(火)

生徒は午前と午後で1つずつ(異文化コミュニケーションと理科)授業を受けます。今日は「土木工学」の様子を紹介します。
担当してくださるのはダンツ先生。この講座がスタートしてからずっとお世話になっています。この日の課題は「つまようじ、スパゲティー、マシュマロを使って、可能な限り強度のある構造物を作る」というもの。グループ毎にアイディアを出し合い、作業を進めました。完成したら本を上にのせ、何秒持ちこたえられるかを競います。身の回りのものを使っての実験、興味深いですね。
イメージ イメージ

イメージ イメージ

7月24日(水)

今日は今週行われている残り二つの理科の授業について紹介します。
最初の2枚の写真は化学。ご担当はウェツラー先生。今年初めてお世話になっています。初日の授業の最初では元素記号や化学式の確認などを行い、今後の活動に備えていました。
イメージ イメージ


残り3枚はバイオテクノロジー。こちらも初めてのフリーマン先生です。
今日のBiotechnologyの授業は、ろ過実験でした。用意された材料を駆使し、アップルジュースをいかに透明なろ液にできるかを二人ずつのペアで競いました。ペットボトルの漏斗に綿、コーヒーフィルター、砂、石、米など入れる順番や量を各々が自由に考えてろ過しました。順番を間違えたり、コーヒーフ ィルターが破れてもっと濁ったり、皆大騒ぎ。3回目のトライで材料に酵素(ペクチナーゼ)が加わりいよいよラスト。2回目までの他班の方法を参考に、独自の手法を取り入れたペアが皆を驚かせる透明なろ液を精製し、拍手喝采にて終了しました。
イメージイメージイメージ

7月25日(木)

異文化コミュニケーションの時間には、大きな声で落ち着いてスピーチをするための様々なアクティビティも行われます。1枚目の写真は「驚き」「怒り」といった感情を声に込める訓練、2枚目ではみんなでリズムを取っています。体がほぐれてくると、声も自然と出るようになります。
イメージイメージ


来週の月曜日のロータリークラブでのスピーチに向けての練習も本格的になってきました。各自のスライドも完成し、それを見せながらのリハーサルが行われています。実は今年はロータリークラブの前に、明日(金曜日)にも一度発表の機会があるため、例年よりも準備は早く進んでいます。 
イメージイメージ


ところで先日、生徒たちはカウンセラーに頼んでダウンタウンに買い物に出かけ、クレムソン大学の名前が入ったトレーナーやTシャツを購入してきました。最後の写真の生徒たち、全員どこかにクレムソングッズを着るか、持つかしています。お分かりになりますか? 
イメージ

 

7月26日(金)

早いもので今日で1週目のプログラムも最終日。多くのアメリカ人の参加者は明日クレムソンを離れます。1枚目の写真は今日の化学の授業。二酸化炭素を発生させる実験をしていました。
イメージ


昼休みには、サマースカラーズに参加している全員を対象に、異文化コミュニケーションの生徒全員(アメリカ人&日本人)がスピーチを行いました。桐朋生にとっては、月曜日のロータリークラブでの発表に向けての最後のリハーサルという意味合いもありましたが、全員落ち着いて発表できたようです。月曜日が今から楽しみです。
2枚目の写真で話をしてくださっているのは、サマースカラーズのディレクターをなさっているスワンソンさん。生徒が一番お世話になっています。発表会終了後には異文化コミュニケーション受講生全員で記念写真を撮りました。
次回の「クレムソン便り」は来週の月曜日にお届けします。保護者の皆様も良い週末をお過ごしください。
イメージイメージイメージ

7月29日(月)

今日はいよいよロータリークラブでのプレゼンテーション。今年は参加人数が例年に比べると少し少なかったことが幸いし、一人あたりの持ち時間がいつもの1.5倍となりました。その分落ち着いてゆっくり話すことができたように思います。お聞きくださった方々から「毎年良くなっている」とのお褒めのお言葉を頂戴しましたが、スタート時点とは比べ物にならないほど上達しており、頼もしく感じるほどでした。大成功だったと思います。今日の写真はロータリー終了後に撮った集合写真です。一緒に写ってくださっているご夫妻は、クレムソン大学で長く教鞭をとっておいでだった岸本雄二先生・俊子先生。このお二人がおいででなければこの研修はそもそもスタートできませんでした。その意味でクレムソンでの研修の「生みの親」とも言えるお二人です。
イメージ

7月30日(火)

今日の異文化コミュニケーションの授業では、毎年恒例のウォルマート(スーパーマーケット)見学(買い物?)に出かけました。「この日を待ってました」と喜ぶ生徒もいて、朝からテンションが上がります。
その広さ・品揃えの幅の広さにはいつも感心します。釣竿の隣にライフルが置いてあったり、そのライフルに使う実弾に"sale"のシールが貼ってあるのには、少々戸惑いますが、これもアメリカの文化。生徒にはそれを見て、何かを感じてもらえればと思います。
生徒が購入する物には、その年その年の傾向があるのですが、今年のトレンドは「スナック菓子」でした。ポテトチップの大きな袋を抱えた生徒に「寮で食べるの?」と尋ねると、「お土産です」との返事。スーツケースに入れて、潰さずに持って帰ることができるのか、ちょっと心配になりました。
今日の写真は午前と午後、それぞれのメンバーの買い物を終えた時の集合写真。生徒が持つ袋の数にご注目ください。
イメージイメージ

7月31日(水)

こちらでの研修も2週目に入り、生徒たちは先週とは異なった理科の授業を受けています。今日紹介するのは「生物学」。もう何年もお世話になっているワインブレナー先生が今年も教えてくださいます。
今日のBiologyの授業はお待ちかね(?)の解剖実習でした。二人で一匹のラットを解剖しました。まず皮膚を切開し、筋肉の名称と動きについての解説を聞き、確認しました。次に筋肉の内部にある臓器の確認。先生が妊娠雌ラットを多く準備して下さっていたので、おなかにいる胎児や胎盤の様子も見ることができました。アメリカの受講生にも躊躇する生徒がいる中で、落ち着いてラットに鋏を入れる桐朋生。頼もしい限りでした。終了時間にはもっと観察したいのに、と名残惜しそうでした。
イメージイメージイメージ

8月1日(木)

昨日(水曜日)は夜、車で45分くらいのところにあるグリーンビルという街にプロ野球を見に行きました。プロ野球とは言っても「A」ランク。アメリカのプロ野球は上から「メジャー」「AAA」「AA」「A」という順序となっています。昨日見た「グリーンビル・ドライブ」は「ボストン・レッドソックス」傘下のチームで、格としては「4軍」くらいでしょうか。でも地元に密着した人気チームで、たくさんのお客さんが観戦にきていました
イメージイメージイメージ


今日の異文化コミュニケーションの時間では、早速スミス先生から「日本の野球について説明して」との課題が出され、桐朋生は各自お気に入りのプロ野球チームや、高校野球について短時間でスピーチを作って発表していました。
今年の異文化コミュニケーションの授業では、このようにその場でトピックが示され、それについてすぐにスピーチをすることが多いのですが、高校1年の生徒たち、ごく自然にスマホを出して、すぐに必要な情報を見つけて、なかなか上手にスピーチを作っています。去年まではあまり見られない風景だな、と思っていたのですが、ハッと思い至りました。日頃タブレットを使って授業を受けているからなんですね!
生徒に聞いたら、やはり学校でも、わからないこと、調べたいことは、すぐに調べる習慣ができているから、という返事が返ってきました。今年の4月から高校1年生全員がタブレット端末を持って授業を受けるようになりましたが、早速こんなところにも効果が出ているようです。
クレムソンでの生活も残り少なくなってきました。そのことを生徒に話したら、「帰りたくない!」という声が今年も聞こえてきました。
イメージイメージ

8月2日(金)

クレムソンでの研修もいよいよ最終日となりました。
今日の最初の3枚の写真は生物学の実験。テーマは「タンパク質の電気泳動」。日本では大学レベルの内容だそうです。次の2枚は土木工学でのフィールドトリップの様子。構造物の強度と耐性を調べるために、かなりの強風を浴びせる装置を持つ研究所です。生徒も中に入ってみました。
イメージイメージイメージ

イメージイメージ


異文化コミュニケーションの時間では、桐朋生は「アメリカについて知りたいこと」アメリカ人参加者は「日本について知りたいこと」をそれぞれ出し合い、それについて各自がスピーチを作って発表しました。ごく短い時間でそれなりの内容のスピーチを書き、インターネットから関連ある写真などを見つけて、それを見せながら発表する。その堂々とした様子を見ていると、2週間で随分成長したな、と改めて感じます。生徒たちは本当によく頑張ってくれたと思います。授業の最後には記念写真を撮りました。 明日の朝、クレムソンを出発し、週末はアトランタ観光。月曜日の飛行機で日本に向かいます。
クレムソン便りは今日で最終回です。お読みくださり有難うございました。
イメージ イメージ

EREHWON

2019年度 受講授業

Intercultural Communication Skills

スピーチの方法について学びます。日本文化に関するプレゼンテーションの原稿をアメリカ人の生徒と作り上げていきます。この授業を通して、桐朋生は英語での分かりやすいスピーチの構成方法を学びます。

Biology

動物解剖学や生理学などについて学びます。バクテリアの培養実験や本格的なネズミの解剖などを行いました。

Civil Engineering

様々な実践的なプロジェクトを通じて、施工管理、構造デザイン、風工学、輸送等について学びます。

Boitechnology,Health,and Society

DNAについて調べ、それがいかに人の健康や社会と関係しているか実験を通して学びます。(食品、犯罪捜査、新商品開発など)

Chemistry

化学と実生活とのつながりを意識して、様々な実験を行い、その活動を通して、化学の研究方法を学びます。