HOME > 桐朋女子ニュース一覧

桐朋女子ニュース一覧

桐朋女子中・高等学校文化祭(公式アカウント)を作成しました。

桐朋女子中・高等学校文化祭(公式アカウント)を作成いたしました。
このアカウントでは、桐朋女子の文化祭の情報をどんどん発信していきますので、フォローをよろしくお願いいたします。

桐朋女子中・高等学校文化祭(Instagram)はこちら

桐朋女子中・高等学校文化祭(Twitter)はこちら

2021年度中学・帰国生対象特別入試において海外からのオンライン受験を実施します

2020年9月
桐朋女子中学校
校長 今野 淳一
国際教育センター

 2021年度中学・帰国生対象特別入試における海外からのオンライン受験について

この度の新型コロナウイルス感染症の世界的な流行に伴い、現在多くの国で外国人の入国制限が行われています。そのため海外にお住いの方が、入学試験のために一旦日本に帰国されると、現在お住まいの国に再び入国することが難しくなる状況があります。
この状況に鑑み、本校では2021年度中学・帰国生対象特別入試(第1回…12月6日、第2回…1月22日)の海外在住の志願者につきまして、オンラインでの受験を認める特別措置を講じることといたしました。オンライン受験は海外在住のまま受験する方が対象で、試験日に日本国内においでの方は対象とはなりません。
詳細につきましては、検討中ですが、決定し次第、当該試験の出願資格の認定を受けた方に個別にお知らせいたします。
この件についてのお問い合わせは、本校国際教育センター(kokusai@toho.ac.jp)までお願いいたします。

以 上 

週刊東洋経済に紹介されました。

東洋経済の
”論理的に「表現力」を学ぶ”
という記事中に、桐朋女子が紹介されました。

卒業生へ来校自粛のお願い

桐朋女子は明日から夏休みに入ります。毎年、多くの卒業生がクラブの指導に来てくれていますが、東京都の新型コロナウイルス感染症の罹患者数が増加しつつあることを鑑み、今年度は来校を控えていただくようにお願いいたします。調査書を取りに来る等、やむを得ない事情の場合には、担当教員と連絡を取った上でご来校ください。

読売新聞オンラインに紹介されました。

読売新聞オンラインに桐朋女子の図書館が紹介されました。
ぜひご覧ください。

読売新聞オンライン

SDGs for Schoolのホームページに桐朋女子の授業実践が掲載されました

SDGs for Schoolのホームページに桐朋女子の授業実践が掲載されました。
ぜひご覧ください。

SDGs for School

首都圏模試センターのwebサイトに紹介されました

首都圏模試センターのwebサイトにある学校紹介ページに
桐朋女子が紹介されています。
ぜひご覧ください。

首都模試webサイト

寄付金の募集について

本日、11月15日(金)より、ホームページを入口にして寄付を受け付けることといたしました。トップページにバナーを設置しましたが、下記からもそのページに移ることができます。趣旨をご一読いただき、ご寄付いただければ幸いです。

寄付金の募集について

首都圏模試センターのwebサイトに桐朋女子が紹介されました

首都圏模試センターのwebサイトにある学校紹介ページに
桐朋女子が紹介されています。
ぜひご覧ください。

首都模試

2021年度より「豪州・シンガポール研修」(仮称)を開始します

2021年度より「豪州・シンガポール研修」(仮称)を開始します。 <国際教育センター>

本校では2021年度の夏休みより、「デュアル・ランゲージ・プログラム(DLP)」の一環として、高等学校1年生の希望者を対象に「豪州・シンガポール研修」(仮称)を導入します。初年度は緑の学年が対象です。
プログラムの中心はオーストラリアのアデレードという都市でホームステイをして、地元の名門女子高校St Aloysius College(St Aloysius CollegeのWebサイトはこちら)での授業を体験するというものです。加えて現地のThe University of Adelaide等の大学を訪問し、そこに通う女子学生とのディスカッションも行う予定です。アデレードは女性の参政権を世界で最も早く認めた街の一つでもあり、この研修は、生徒の皆さんが女性として今後の進路やキャリア形成を考える上で大きなきっかけになると信じます。
研修の帰路には、今やアジアの経済の中心地の一つとなっているシンガポールに立ち寄ります。シンガポールでは多くの民族が暮らし、共に国を造り上げています。エネルギーに満ちたこの街に溢れる活気を直接体験することで、今後の日本の将来を考える上でも多くのヒントを受けることができるでしょう。
研修の概要は以下の通りです。なおこの新しい研修導入に伴い、これまで実施してきた「米国夏季研修」は2020年度が最終年度となります。
質問等は国際教育センターまでお寄せください。

◎「豪州・シンガポール研修」(仮称)概要
期 間:7月下旬~8月上旬の11日間
費 用:48~50万円程度(予定)
対 象:高等学校1年生の希望者
※希望者は原則全員が参加可能

最上部へ