HOME > 桐朋女子ニュース一覧

桐朋女子ニュース一覧

高3白 大学出張講義

  • 高3

高3白の総合的な探究の時間の一環として,2週に渡り大学の講義体験が企画されました。1週目は,教育連携協定を結んでいる東京女子大学による出張講義でした。以下の5講座の中から,各自興味のある講座を選択し,受講しました。近い未来の『大学』の講義を体験し,積極的に発言したり質問したりする生徒の様子が印象的でした。

■国際英語学科・国際英語専攻:溝口昭子先生
「カリブ系女性詩人とともに、わたしたちのからだへの眼差しを問う」

■人文学科・歴史文化専攻:佐藤全敏先生
最新の研究からみた「国風文化」

■国際社会学科・経済学専攻:松嶋一成先生
「経営学で考えるタピオカブーム」

■心理・コミュニケーション学科、コミュニケーション専攻:有馬明恵先生
「ジェンダーとメディア」

■数理科学科・数学専攻:竹内敦司先生
「円周率πと確率」

高3白 結団式

  • 高3

5月7日(金)のSHRに,高3は体育祭に向けて結団式を行いました。昨年度は体育祭が延期になったため,2年ぶり5度目の結団式でした。例年のような全員で応援歌を歌うことなどはできませんでしたが,体育祭実行委員長,応援企画委員長,学年主任の挨拶や,ダルマの目を入れを行い,体育祭に向けて気持ちが1つになったのではないかと思います。

高3白 写真撮影

  • 高3

土曜日の放課後,高3白の生徒数名に協力してもらい,ホームページ用の写真撮影を行いました。撮影者は,白の学年主任で写真部顧問でもある教員です。撮影の瞬間だけマスクを外してもらったり,お互いの距離をとったりと工夫しながらの撮影でしたが,生徒たちの普段の様子が分かるような写真もたくさん撮れたので,一部ですが桐朋ニュースでもご紹介します。

高3白 学年活動日

  • 高3

今日は,学年活動日。例年は山登りなど中学1年生以外は校外で活動しますが,今年度は全学年校内で活動しました。
高3白は,1日体育祭に向けた活動をしました。1,2時間目はグラウンドで体育祭の種目の練習。その後,応援交歓の練習やその際に着る衣装づくりを行いました。今年度は練習時間が非常に少ないため,貴重な1日となりました。

高3白 「地誌」・新聞記事からSDGsを考える

  • 高3

高校3年生・自由選択科目「地誌」の初回と2回目の授業では、グループに分かれて新聞記事の中からSDGs関わる内容を選び、模造紙にまとめています。その記事にある内容が17の目標のどれに関わるか、また記事のキーワードを抜き出し、内容紹介とともに、自分たちの視点を紹介し、質疑応答を繰り返しました。地誌の受講者の半分以上のは大学入試で地理を選択する予定です。一見、受験勉強に直接関わらないように思われがちですが、世界の課題を自分の目で発見し、問題意識を言葉に発することは、教科書には書かれていない学び、引いては学習ポイントを自ら見つける大切なことなのです。

高3白 垂れ幕

  • 高3

写真は,高3白が体育祭の応援交歓の時に掲げる垂れ幕を作成している様子です。垂れ幕委員会は,3月中旬ごろから活動を始め,原画の作成,布の縫合,絵の下書きまでが終わり,現在1枚目の色塗りを始めたところです。この布の大きさは,725cm×546cm!どのような垂れ幕が完成するのか,とても楽しみです。

高3白 オリエンテーション3日目

  • 高3

オリエンテーション最終日。今日は,クラスごとの集合写真や学生証などに使用する個人写真の撮影を行いました。その後,クラス活動,安全対策委員からのお話がありました。来週から,授業が始まります。

高3白 始業式

  • 高3

今日は始業式でした。例年はグラウンドですが,今年はテレビ放送で行いました。そして,新クラス・担任発表!その後,高3白は2時間目は第4体育室で合同HR,3・4時間目はグラウンドで体育祭練習と目まぐるしい1日でした。体育祭練習では,8S(800m障害物リレー)の計測と玉入れの練習,クラス対抗リレーを行いました。

高校卒業式

  • 高3

3月10日、高3青の卒業式が行われました。

高3青は凛としていて、とても素敵な式になりました。きれいな青空のもと、保護者の方も一緒に写真をとることもできました。

高3地理Aプロジェクト学習「2030私からの手紙 地理×SDGs」

  • 高3

今週、高3は終講をむかえます。高3地理A最後の授業は、プロジェクト学習「2030私たちからの手紙 地理×SDGs」のポスター発表でした。コロナ禍の4月、オンライン授業が行われる中、受講生は国際ユース作文コンテストに応募し、2030年までの達成目標SDGsをテーマにした作文を書きました。10月からは、机上旅行プレゼンテーション、統計分析、GIS、環境問題などの学習で習得した知識とスキルを活用し、自らテーマを設定し、実現可能な具体的な計画を立案し、ポスター発表を行いました。生徒と6名の先生方がポスター発表を聞き、質疑応答を行い、ルーブリックによる自己評価、相互評価を行いました。評価表からは、新たな視点を獲得できたことや自分自身の気づきがあったことや建設的にフィードバックする力が身に着いたことが分かりました。

最上部へ